ホーム>マイロック活用事例>集合住宅での活用事例>エントランスのオートロックへの活用事例

エントランスのオートロックへの活用事例

集合住宅のエントランスのオートロックは、後付け可能な電子錠「マイロックシリーズ」で解決してみませんか

2019426163757.jpg

集合住宅のエントランスのオートロックは、セキュリティ対策としての効果は高いです。ただ、既存のエントランスオートロックの経年劣化のよる故障やこれからエントランスを新設したいといった際、コストの面など、様々な問題がございます。

そのような問題解決の一つとして、弊社のご提案を参考にしてみませんか。これから、弊社での事例をご紹介致します。

 

1.マイロックシリーズによる簡易オートロックシステム

2019426163916.JPG

既存の扉にマイロックシリーズを取付します。それによってオートロックの扉に早変わりします。大がかりな工事もありません。機器の設置だけであれば、半日で完了します。

外からは(機種によりますが)暗証番号、リモコン、カードキーによる解錠が可能です。その物件の状況によって解錠方法ご選択をすることで運用の幅が広がります。

2019426165519.jpg
2019426165536.jpg

 

オプションで室内から解錠可能な「遠隔リモコン」もご準備しております。遠隔リモコンがあれば入居者さんは、宅急便屋さんなどの訪問があった際は、このオートロックの解錠の為、わざわざ、エントランスまで行かずにお部屋から解錠することが可能です。

201942616524.jpg

 

※現在の扉へ設置か可能かどうかにつきましても、お問合せくださいませ。

 

2.カードリーダーの追加

2019425135752.jpg

エントランスのオートロックにカードリーダー「Vリーダー」を追加することで、現在のキーシリンダー運用からカードキーによる運用になります。

カードキーの場合は、万が一の紛失があったとしても、登録されたカード情報を抹消することで侵入犯罪防止の対策となります。

機器についての機能は「Vリーダー」のページにてご紹介しております。⇒ ⇒ ⇒ ⇒

 

 

 

 

ページ上部へ