ホーム>マイロック活用事例>戸建住宅での活用事例

戸建住宅での活用事例

ご家庭の鍵について、様々なお悩みを「マイロックシリーズ」で解決します

昨今、全国の警察のデーターによると、戸建て住宅における侵入窃盗犯罪のうち、「無施錠」の住宅への侵入犯罪が増加傾向と言われております。それは、外出時に鍵を掛け忘れてしまったという他に、在宅中でも鍵を掛けていないという状況でも侵入犯罪は発生しているようです。そんな「ほんのわずかな時間」でも「無施錠」は危険だと言われております。

ところで、鍵を落としてしまって、シリンダー鍵の総取替。そんなご経験はございませんか。

こちらでは、そのような様々な「鍵のお悩み」を解消する後付け電子錠「マイロック」シリーズが戸建住宅でどのように活用できるかご紹介を致します。

 

戸建住宅で有効な「マイロック」シリーズの機能のご紹介

オートロック機能

201672693611.jpg

「マイロック」を設置した扉を閉めると「オートロック機能」で本体のロック棒が作動し、ロックが掛かります。

鍵の掛け忘れはありません。

様々な解錠方法を使い分けることが可能

セキュラ「マイロック」シリーズは様々な解錠方法を装備しております。
「暗証番号」、「携帯リモコン」、「カード」様々な解錠方法を装備しているには理由がございます。

ご家庭の家族構成やライフスタイルに合った解錠方法を選択できます。例えば、マイロックVF-10をご利用するとして、普段は「カード」で解錠。そして、万が一、カードを落としてしまったとしても「登録している暗証番号」で解錠が可能なのです。マイロックでは、そうした複数の解錠手段を持っていることで更に安心してご利用いただけます。

 

便利な「暗証番号」

暗証番号は1桁~9桁で、最大5種類まで、登録できます。複数登録できることで、ご家族様それぞれ異なる暗証番号を作成することができます。暗証番号は、何も持たなくても玄関を解錠できるといったことがとても便利です。

その他、例えば、「おじいちゃんのヘルパーさんに鍵を渡したくない。」といった場合も、暗証番号をヘルパーさんにお伝えするといった方法もご選択できます。

2019517163241.jpg

リモコンキー

リモコンキーは、電池式のもので遠隔解錠操作が可能です。例えば車のリモコンキーのような使い方です。

手荷物を持っている場合でも、リモコンのボタン一つで、解錠できる利便性がございます。

(※リモコンキーは、マイロックVF-10はオプション品です。)

※更に離れているところから開けたい場合、例えば、2階や3階リビングなど離れた部屋から開けたいといったご要望の場合は、オプションの遠隔ユニットもご準備しております。

 

カードキー

セキュラ「マイロックVF-10」は、お持ちのICカードが登録できます。(専用カードもございます。)

本体にその登録可能なカードを登録していただくと、すぐに解除キーとしてご利用いただけます。

合鍵の作製という概念が、お持ちのカードを登録に変わります。
(※スマートフォン、一部の携帯電話、電子パスポート、免許証などは登録できません。)

2019517163219.jpg

電池式

「マイロックシリーズ」は電池式です。配線工事が不要で電気錠扉を簡単に実現致します。
現在の扉を交換しないといけないといったこともなく、配線工事など大掛かりな電気工事が必要ありません。

設置後は、電池を交換するだけでオートロックをご利用できます。

電池式のメリットは、万が一の災害や天災などで、停電状態になっても、この機器は電池式の為、電池がなくならない限りご利用いただけます。そうした安心感はございます。

 

万が一の“電池切れ”でも安心です

「マイロックシリーズ」は、電池切れの際でも、対策手段も持っております。

ついうっかり、電池交換を忘れて、ご帰宅時に万が一、電池切れ状態になっても、外側からは、「非常鍵」の解錠や「9ボルト電池」で電源を外部供給できます。

室内側は、非常用の解錠レバーも装備しております。それを使用し緊急解錠できます。室内で閉じ込められることもありません。

 

マイロックの活用事例をご紹介

ここからは、戸建住宅において活用できる事例をご紹介します。

 

遠隔解錠操作オプションの追加

マイロックシリーズはオプション品の遠隔ユニットを追加することで「遠隔用リモコンキー」による「遠隔解錠」を可能とします。

例えば、「2Fや3Fのリビングから、玄関を開けたい!」

といったご要望に対応致します。もし、インターホンがカメラ付きのものでございましたら、それを併用してご利用いただくと、インターホンのモニターで来客者を確認できる為、より安心にお部屋から、リモコン操作で解錠をすることができます。

 

こちらのユニットについては、まず、玄関のマイロックからおよそ3m以内に下記の受信機制御機ユニットを設置します。

201831514647.jpg

 

あとは、専用遠隔リモコンキーのボタンを押すだけで、離れたお部屋から、マイロックの遠隔解錠が可能です。

201731016148.jpg

※詳細については、お気軽にご相談くださいませ。

 

室内の扉、勝手口扉、門扉への設置

玄関扉ではない扉についてもご相談ください。(設置の条件や扉の形状にもよりますが)室内の扉や勝手口扉についてもオートロック電子錠を取付したい場合も、特殊な部品や、受具などもご用意しております。状況を確認させていただきまして、設置の可否等、ご提案致します。

 

2019517162549.JPG

室内扉に設置

2019517161717.jpg

門扉に設置

2019517162418.jpg

勝手口扉に設置

 

警戒モード機能で室内からの解錠を防止

通常操作の場合、室内から解錠ボタンを操作するとロックが解錠されます。例えば、ご年配のご家族の方や、小さいお子様が勝手に外出しないようにしたいなど、室内の解錠操作を制限したい際に、この機能をご利用すると便利です。(この機能の設定は暗証番号やリモコンなどで行うことができます。)

 

 

 

 

カタログについてはこちら

マイロックVE-10のカタログVE-10カタログ.pdf

マイロックVF-10のカタログVF-10カタログ.pdf

※マイロックVF-10はスマートフォンには、対応しておりません。予めご了承ください。

 


 

マイロック購入はこちら

ページ上部へ